10月 042014
 

長男と一緒に紅葉の那須を登ってきました。
事前に調べたところ、この時季は駐車場が大変混むとの事。子連れの事を考えるとなるべく登山口に近いとこに停めたいので、家を2時に出発して、4時20分に峠の茶屋駐車場に到着しました。この時間なのに警備員が居てびっくりしました。

まだ薄暗い5時頃ヘッデンを点けて登り始めます。すぐにヘッデンが必要ない明るさになりました。峰の茶屋についたころからガスが出始め、朝日岳を往復する頃にはガスの中でした。三本槍へ向かう途中から少し雨がぱらついてきて、三本槍からの展望は拝めず。朝日岳あたりまで戻ってきたら雨は止みましたが、相変わらずの強風。寒さ避けに入った避難小屋も人でいっぱい。

少し休んだら茶臼へ出発。視界のきかない中お鉢を周って山頂へ。そのころから徐々にガスが晴れてきました。大きなお鉢を周ってるのかと思ったら、視界が開けたら感じてたよりもこじんまりとした周回でした。

登りはまったく見えなかったけど、下りで見えるようになった景色は最高に綺麗でした。子供のゆっくりペースじゃなければ、ガスが晴れる前に下山してしまってたでしょうから、ついてました。

ロープウェイでお手軽にも楽しめるし、その気になれば色々周って長くも歩ける山です。また晴れた日に来たいと思った良い山でした。

ところで実は学生時代に近いとこに住んでたんですが、当時は山に興味がなく残念なことしたなと思ってます。
那須も近いけど、奥日光の山々もとても近い。仙台からだとどこも遠いのでほんと昔から登ってれば良かったです。

20141004

 Posted by at 10:38 PM
9月 232014
 

4連休の最終日になって、やっと朝から山に行く気になったという出足の遅さ(笑)
まあまあ近い吾妻山へ。
7時出発で天元台に8時55分頃到着。
着いたらすぐに9時出発のロープウェイのアナウンス。
慌てて車から出たら色々忘れ物しちゃいました。

RWとリフト3本を乗り継ぎ一気に標高1800mまで。
金はかかるが長男と一緒なのでしょうがない。

出だしこそ展望が無いけど、ちょっと行って尾根を越えたあたりで開けました。
気持ちいい~

2014092301

そこから梵天岩へ。
ここもとても気持ちの良い場所。
続いて天狗岩をスルーして西吾妻山山頂へ。
噂通りまったく展望のない山頂。
一応記念写真だけ取って進みます。

ここで引き返す人も多いと思いますが、物足りないので西大巓まで。
すぐ目の前に見えるけど、一度鞍部まで下ってから登りかえすので子供には大変かも。

2014092302

西大巓まで来ると、猪苗代湖、磐梯山、裏磐梯の湖などが良く見えます。
山形側から来たけど、こんなに近いんだと感動しました。

食事タイムにしてから戻ります。
帰りは西吾妻の山頂へは行かずに、直接天狗岩へ。

2014092303

そして梵天岩でまた休憩。
最後は人形石経由で下りました。

歩行9.4㎞ 4時間55分(リフト山頂駅から)

リフト代が結構かかるので気軽には行けませんが、思ってたよりも楽しかったのでまた行きたいです。

 Posted by at 10:00 PM
8月 192014
 

(長文です)
1週間夏休み。
北アルプス遠征も考えてたけど、天気予報が今一なので中止。
かわりに天気が良さそうな尾瀬に、家族で日帰りで行きました。
なんと人生初尾瀬。
人が多いイメージだけど、花の最盛期が過ぎたのと、世間的には平日なので大丈夫かなと。

0:30起床、1:30出発。
4時間半くらいかけて鳩待峠へ到着。遠い…
普段は戸倉に停めてそこからバスで行かないと駄目なんですが、最盛期を過ぎた平日は鳩待峠までマイカーで入れます。
色々準備して6:30に出発。

予定のコースは、鳩待峠→山の鼻→至仏山→小至仏山→鳩待峠の周回コース。
最初は山の鼻までの標高差約200mの下り。
道は完璧に整備されています。4歳児でも歩きやすい。
樹齢の長そうな大木がこの場所の山深さを感じさせます。
道は川上川沿いに進んでいきます。
ちなみに上から読んでも下から読ん(略

1時間程歩くと小屋が見えてきました。
山の鼻へ到着です。
さすが日本有数の観光地だけあって、ビジターセンター、大きな小屋、綺麗なトイレなど整備されています。
ただそれが嫌味な感じでは無く、なんというか爽やかなんですよね。
すぐにこの場所が好きになりました。
トイレ休憩等をしてから8:10に出発。

北東へ向かえば尾瀬ヶ原の湿原。
とても行ってみたいけど、今回の目的地は逆方向の至仏山。
それにしても今日はとても天気が良くて遠くまで見えます。
至仏山の山頂が近くに見えるくらい。
けど標高差で800m以上あります。

登り始めは整備されてるけど、樹林帯で見晴らしも無く岩も乾かず滑ります。
蛇紋岩は滑るのが特徴で気を付けないと行けないのですが、我が子達は先日同じ蛇紋岩の早池峰を登ったばかり。
多少は慣れてる事でしょう。

森林限界を超えて暫く行くと景色が開けました。
「あぁぁ、綺麗だなぁ」
何度この言葉を口にしたことか。
上に伸びる道、そして下には尾瀬ヶ原、向かいには東北最高峰の燧ケ岳が見えます。
もう景色が美しすぎて、リアリティを感じないくらい。
と、自分は景色を楽しむ余裕があったけど、妻子は大変でそれどころではないみたい。
なんせ結構な斜度で登ってます。まあ、頑張ってもらうしかない。

心配していた4歳児。
ほとんど自力であるき、段差の大きいところ、危険そうなところは力を貸します。
それ以外は長男、次男が意外と面倒見てくれてます。
途中から子供達にヘルメット装着。
帽子よりは圧迫感あって嫌らしいんだけど、ここは安全優先で。

見晴らしの良い場所でちょくちょく休憩を入れながら、12:00丁度に山頂へ到着!
やったー。嬉しい。
人が多かったけど、場所を見つけて食事タイムや写真撮影。
30分以上休憩してから下山開始。

至仏山山頂から子至仏山までの道が今日一番の難関でした。
一人だと何てことないんだけど、滑りやすくて段差も大きく4歳児には殆ど歩けない道。
自分が一段下りて、子供を抱っこしておろして、また自分が一段下りての繰り返し。
まあ難所を過ぎれば木道の歩きやすい道と聞いてたので頑張ります。
景色がとても良いのが救い。
1時間近くかかって子至仏山へ。
軽く記念撮影をしてから出発。

暫く下ると木道が現れました。
やったーこれで楽になると思ったのも束の間。
4歳が疲れて寝ちゃいました。
時間的には問題ないので、無理せず安全にゆっくりと。
自分、妻、そして最後に長男が少し抱っこや背負って15:34に下山。
実に9時間もかかって無事にゴール。
家族で行くにはこのくらいが体力の限界かも。

鳩待峠で山の余韻に浸ってから、車で仙台まで。
途中ゲリラ豪雨っぽいのもありちょっと大変。
東北道に入ってから高速で晩飯。
晩飯後は妻に運転変わってもらって22:00過ぎに帰宅。
充実感は最高のめちゃめちゃ長い一日でした。

また行けるなら、ぜひ泊まりでゆっくりと尾瀬を楽しみたいです。

鳩待峠のロッジ(売店、食事等ありました)
2014081901

尾瀬の看板。かっこよす
2014081902

山の鼻までの道はこのように雰囲気のある木道
2014081903

複数の木が同じ場所から生えて押し合ってます。不思議。
2014081904

上から読んでも下から読んでも川上川
2014081905

山の鼻ビジターセンター。立派です。
2014081906

山の鼻のテント場
2014081907

山の鼻の山荘
2014081908

2014081909

至仏山。森林限界がはっきりわかります。
2014081910

至仏山への登山口にある案内板
2014081911

2014081912

この至仏山へ向かう道の雰囲気がたまりません
2014081913

2014081914

登山道の出だしは樹林帯なので、中々道が乾かないみたいです。
2014081915

森林限界の案内板
2014081916

そこを過ぎるとだんだん見晴らしが良くなってきます
2014081917

振り返って尾瀬ヶ原と燧ケ岳
2014081918

2014081919

2014081920

2014081921

2014081922

2014081923

天空のテラス(勝手に命名)
2014081924

2014081925

2014081926

2014081927

2014081928

2014081929

山頂が近くなってきました
2014081930

僕は空になる~ by さ○ま○し
2014081931

2014081932

キタコレ
2014081933

小至仏山へ向かう道の一コマ
2014081934

2014081935

子至仏山を過ぎたら下るだけ(パノラマ)
2014081936

2014081937

2014081938

2014081939

2014081940

駐車場まで戻ってきたら、朝はガスで見えなかった至仏山が良く見えました。
2014081941

 Posted by at 10:47 PM  Tagged with:
8月 142014
 

昨日の早池峰に続き八幡平へ。
今日は爺ちゃん婆ちゃんも一緒。

まずは松川地熱発電所を見学。
大人になってからは初めてかな。
色々と勉強になりました。
国内でも古い地熱発電所なんですね。

そのまま樹海ライン経由で八幡平へ。
途中「太古の息吹」というカッコいい名前のついたお湯がわき出てる場所へ寄る。
以前は下まで下りれてゆで卵作ってる人とかが居たんですが、事故があったとかで立ち入り禁止になってました。
まあしょうがないですね。

そして八幡平到着。
とても視界がクリアで景色が良く見えた日でした。
八幡沼周辺からちょっと足を伸ばして源太森も。
源太森はちょっとしか高くなってないのに、見晴らしがとても良いんですよね。
ゆっくりゆっくり歩いて3時間くらい。
八幡平は毎年来てもまったく飽きません。
子連れでも楽しめるのもとても良い感じ。

八幡平から帰ってからは子供たちがプールに行きたいと言うのでプールへ。
軽くしか歩いてなくても疲れてる体にプールでダメ押し。
エネルギー尽きました。

松川地熱発電所
DSC05023

太古の息吹
DSC05054

DSC05059

DSC05094

源太森から見た八幡沼。写真では美しさが伝わりにくいです。
DSC05127

DSC05153

DSC05155

DSC05171

DSC05224

DSC05236

DSC05248

 Posted by at 10:58 PM
8月 132014
 

帰省の途中に早池峰を登ってきました。
昨年も家族で登ったけど、3歳の三男が5合目で力尽き…
自分と長男と次男は山頂まで、妻と三男は5合目から引き返したのでした。
今年はなんとか全員で登りたいです。

仙台を5時30分くらいに出発。
途中道を間違え、気付いたら遠野方面に進んでました。引き返して30分ほどロス。

小田越えを登り始めたのが9時24分。
結構風の強い日で子供達もいまいち気持ちが乗らない様子。
5合目に着いてどうするか相談。
三男を連れてくだけで大変なのに、上の二人が疲れた疲れたうるさいので、5合目で引き返してもいいかなと思いました。
が、妻が行けるとこまで行こうと言ったので、それなら行こうと。

5合目から梯子場までは強風で上のほうはガスの中。
それでも梯子場まで来てしまったし、梯子も大丈夫なくらいの風だったので先に進みました。
梯子を過ぎたら、道が尾根の風下側にあったので、風があたりにくく歩きやすくなりました。
そのまま山頂まで。12時36分到着。

長い休憩を取ります。
時折ガスが晴れて視界が開けます。
やっぱり早池峰は綺麗な山です。

山頂から13時に下山開始。
登りは上手だった三男も下りでは目が離せません。
ずっと手を繋ぎながら歩きます。
時間はかかるけどしょうがない。

他の登山者よりも時間がかかったのですが、だんだんガスが晴れて景色が見えてきました。
頑張った子供達へのご褒美のような。
15時46分に小田越に到着。休憩含んで6時間22分でした。
ほんと毎年登りたい山です。

DSC04547

DSC04577

DSC04663

DSC04706

DSC04735

DSC04747

DSC04801

DSC04827

DSC04857

DSC04867

DSC04881

DSC04949

DSC04969

 Posted by at 10:38 PM