4月 292008
 

トレイルランニングのトレーニングのつもりで泉ヶ岳に行ってきました。今日はGWなので妻の両親が遊びに来てくれます。挨拶しないわけにもいかないので、12時までに帰ってくると言い残して家を出ます。時間は8時半。

すぐに走りだせる格好で行ったので、車を止めてトイレよってすぐに出ました。コースは比較的長く走れそうな水神コース。水神までは結構走れるかなと思ってましたが、最初から走ってしまったために途中からはばてました。よっぽど傾斜が緩い箇所以外は走らない方が結果的には早いのかも。

水神から上の急登はもちろん走れるわけもなく、早足でがんばります。大岩のあたりまで来たときにはあまりのきつさに吐きそうになりました。また倒れそうな感じもしたので少しペースを落とします。最後の山頂手前で遅い集団につかまりましたが、呼吸を整えられて良かったです。

山頂着。下の車止めのゲートから約43分でした。今までの自己記録より10分早いです。やっぱきついと思っただけのことはあります。山頂でいったん時計を止めて休憩。初めて少し北の方に行って景観(舟形山方面)を楽しみます。今までに何回も山頂まで来てますが、こっちに来たの初めてでした。どうりで今までも山頂をスルーしてく人が多いなあと思ってました。

下りは急な個所は早足、緩い箇所は走って行きます。テンポよく石に足を乗せて行きます。浮いてそうな石がないか瞬時に判断してかないといけません。浮いてる危険性のある石にはそ~っと、安定している石にはきっちり体重をかけて行きます。ここら辺は経験がものを言うと思います。もっとトレランして経験つまないと。

水神から下の箇所はほぼ走りです。疲れてきてから何回か躓きました。一回はマジでこけるかと思いましたが、ぎりぎりで転倒しませんでした。危なかった。泉ヶ岳の短いコースだからこのペースでいけるけど、もっと長いコースになって疲れてる場面だったら危ないと思います。

下りは約30分でゲートに到着。山頂往復で1時間13分(除く山頂休憩)でした。お疲れ様でした。

 Posted by at 10:02 PM
8月 192007
 

里山アドの対策に二口に練習しに行ってきました。
メンバーはアドに参加予定の女性+佐渡トライアスロンAに参加予定の男+自分です。
朝6時にビジターセンターに集合。
事前の天気予報が悪かったので心配でしたが、当日は晴れ間も見える良い天気。
二口の山々にガスがかかって幻想的な雰囲気も綺麗で、車の中で嬉しくてニヤついてました。

第1ステージ MTB(二口峠往復)

初めてMTBに乗る女性メンバーをケアしつつMTB。
初MTBなので心配してたけど、そんな心配をよそに荒れた道でも上手に進んでいきます。
足を着いてからの、急斜面での再発進も上手でした。
途中途中で、綺麗な沢を見たり、九十九折れの道を見たりしながら県境のゲートに到着。
爽快でした。
下りもスピードを抑えつつ無事に駐車場まで到着。
往復約3時間でした。

第2ステージ 沢登り(大行沢)

駐車場でMTBをしまって沢の格好に着替えて出発。(10時ちょっと過ぎくらい?)
入渓地点で楽しそうに遊んでる子供達の脇を通って大行沢へ。
出だしのゴルジュは水も少なく暖かかったので、入水しつつあっという間に突破。
F1まで20分程度でした。
退屈な巨岩帯も去年ほどは長く感じなくて京淵沢の出合いまで(たしか)2時間程度。
やっと滑に行くも光があんまり差さなくてちょっと残念でしたが、堪能しつつ樋ノ沢出合いへ。
綺麗な滑滝の出合いも、水が少ないのでちょっと残念。
樋ノ沢非難小屋に着くまで約3時間半でした。

第3ステージ 大東岳登山

沢を歩いてるときは、ここから引き返そう的なムードも漂ってましたが、皆負けず嫌いらしく大東岳の山頂まで行くことになりました。
裏コースの急登をほぼ登りきった所で二口山塊を一望できる展望ポイントへ。
大東岳で唯一の展望ポイントです。
過去に来たときは霧で全然見えなかったので、今回はとても感動しました。
山頂まで1時間13分で到着。
やっとここまで来たよと喜びつつ休憩。
休憩後は表コースの下山。
途中一度も休まずに結構なスピードで下って、1時間20分くらいで下りました。
時間は午後5時頃。

休憩含め、トータル行動時間10時間半くらいでした。
とても良い練習になったし、何より楽しかったです。

磐司山荘で風呂に入って、龍宝で飯を食って帰宅。

後日・・・

体がバキバキになりました。
行動中はそれ程へばった訳じゃないのに、やっぱりダメージがあったようです。

 Posted by at 10:46 PM
8月 112007
 

午前中は上の子と妻の人が映画館へ行ったので、下の子のお守り。

午後になって時間が出来たので、泉ヶ岳へトレーニングに行ってきました。
コースを悩んだのですが、昨年も登った水神コースでタイムを比較する事に。
車から山頂まで休憩含めて57分30秒でした。
舗装路終了点からは50分丁度。
去年よりは1〜2分早いかも。
まあまあの結果ですが、やっぱりかなり疲れます。

下りはかもしかコースを降りてきました。
植物が結構伸びてきてて、虫も多くて快適ではありませんでした。
この時期だと水神コースがお勧めですね。

降りてきたら300名山にチャレンジしてる人に話しかけられました。
お金かかるけれどいろんな山を見れるのは羨ましかったりします。

 Posted by at 10:03 PM
7月 012007
 

先週自転車でエコーラインを登った時に、そういやここらの山を歩いた事無かったなと思い、今度は登山コースを歩いてきました。と言っても刈田峠から不忘山往復なので高低差は少ないお気楽コースです。

刈田峠には駐車スペースが少ないので朝早めに家を出て行きました。9時過ぎに到着しましたが停めれる場所はいっぱいでした。うろうろして路肩に駐車しましたが、段差が大きかったので帰りに車を出せるか心配になりました。とりあえず忘れて9時半に登山開始。

霧というか雲がすごくて景観はゼロでした。登山教室みたいな集団が多い上に道が狭いのですぐに前が詰まってしまいます。それでも気付かれるのを待ってたり、軽く声をかけたりして少しずつ抜きながら進みます。1時間ほど進むと太股の後ろの筋肉痛が気になってきました。そうビリーズブートキャンプのスクワットの筋肉痛です。「ちくしょービリーめ〜」と呟く事数十回。

途中の休憩を含めて11時半丁度に不忘山の山頂に到着。そこも休憩してる人が多くて賑わっています。自分も大休止。直ぐに着くだろうと思ってコンビニのパンしか買ってこなかったので、周りでラーメンを食べてる人の匂いが羨ましかったです。30分程休んでるうちに霧が晴れてきました。12時丁度に出発。

帰りは景色が良く見えるようになってきてとても気持ちの良い状態でした。休憩は少なめに歩いたのですが、もう足が疲れてて1時間50分かかって車まで到着。大して高低差の無いハイキングコースだと思ってたけれど、意外とアップダウンが続いて足には疲労がたまってました。とにかく晴れてさえいれば、景色が良くて歩きやすい道が続くとても良いコースだと思います。今年中にまたこよう。

この日はあまりに疲れて夜8時に寝ちゃいました。朝7時まで11時間睡眠でした。

↓途中の木道
PICT4557.jpg

↓不忘山山頂から来た道を振り返って
PICT4569.jpg

↓帰りに撮った湿原。美しいです。
PICT4571.jpg

↓同じく湿原
PICT4576.jpg

↓最後にエコーラインを見ながら
PICT4580.jpg

 Posted by at 11:47 PM
9月 232006
 

来週の大会へ向け、週末は何をするか考えました。
あんまり疲れ残すのも嫌なので長いのはパス。
大会ではおそらく谷川岳を登ることになるので、軽い登山に決定。
仙台(自分の頭の中)では「軽い登山=泉ヶ岳」

泉ヶ岳なら水だけ持ってけば良いのですが、少し重りを背負って上りました。
行きは水神コースで1時間、帰りはかもしかコースで40分くらいでした。
時間は短いけどかなりハードな運動だと思います。

ところで山頂で珍しい人に偶然会いました。
クライミングをしてる時にお世話になった人です。
たしか2年前にも偶然仙台市民マラソンで会いました。
私は泉ヶ岳登るのは2年ぶりなのでほんと偶然でした。
行って良かったです。

 Posted by at 11:14 PM